むくみ解消の深イイ話!!

立ち仕事・女性の悩み「むくみ解消」のツボをご紹介します

立ち仕事の方や筋肉量の少ない女性が悩まされる「むくみ」。
今時では、筋肉がしっかりとついた男性のサラリーマンの方でも、仕事から帰ってくると脚にくっきり靴下の跡が残るほど、むくんでいることもあります。

むくむとなにが不便かというと、脚がだるくなってしまったり、もちろん見た目にも良くなかったり。
さらには、むくんだまま就寝すると、脚に溜まった水分が身体に戻り腎臓で濾過され、尿となって出てきます。
そのため、寝ている間にトイレに行きたくなってしまったりすることもあり、安眠の妨げにもなってしまうのです。

そしてむくむことが日常になってしまうと……身体が冷えてしまいます!!

そんな「むくみ」。なにが原因かと言うと……。

 

むくみの原因

  • 塩分の摂りすぎ
  • 冷え性
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 運動不足
  • 長時間座りっぱなし
  • 立ちっぱなし
  • リンパの流れ・代謝が悪くなる

 

このように、どれか一つでも当てはまるとむくみの原因になってしまいます。

では、自分はむくみやすい生活を送っているのでしょうか?

 

むくみ セルフチェック

  • 寝不足なことが多い
  • 仕事では常に立っているor座っている
  • 長時間同じ姿勢でいる事が多い
  • 足首やスネを押すとくぼんだままになる
  • 疲れがなかなか取れない
  • 味付けの濃い食べ物が好き
  • 靴下の跡が取れない
  • 足がだるく感じる
  • アルコールをよく飲む

 

いかがでしょうか?
身に覚えのあることが当てはまって、ドキリとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

では、厄介な「むくみ」。
溜まってしまった水分を循環させるために、よい「ツボ」があるんです。

おすすめ「むくみ解消」のツボ

【陰陵泉/豊隆】

「去湿の要穴」として知られるツボ、陰陵泉(いんりょうせん)

陰陵泉

これは、両膝の下の、内側。骨が大きく曲がって、きゅっと細くなっている場所です。
「去痰の要穴」である豊隆 と組み合わせて使うことも多いです。

豊隆

豊隆はすねの外側にあるツボ。
お灸で温めるととても効果的で、去湿、去痰というくらいなので、身体の湿気を取り除く効果があります。

【三陰交】

三陰交 というツボはみなさんご存知かもしれません。

三陰交

婦人科のお悩みに適しているツボで、内側のくるぶしの上の方にあるツボです。
効果は生理痛や冷え性、更年期障害、不妊治療など様々です。

むくみのある方は、陰陵泉のあたりで、痛みを感じるかもしれません。
全部痛いという方は、冷えもむくみもかなり重症。ご家庭で手に入るせんねん灸をしましょう!

指圧でも効果はありますが、せんねん灸の方が効果は抜群です!

【委中】

さらに委中というツボは、まさに足のむくみに良いとされているツボで、ひざの裏にあります。

委中

足にたまった血液や老廃物などを流す効果があるといわれています。

写真では鍼をしていますが、もちろんお灸でも効果はあります。

おまけ《横隔膜とむくみについて》
身体には、横隔膜という呼吸運動の時に使われる筋肉があります。座ったままの姿勢を続けると腹圧が高くなり、横隔膜を使った腹式呼吸ができず、横隔膜が正常に機能しなくなってしまいます。デスクワークの増加に伴い、横隔膜を正しく使えていない方も増えています。

横隔膜をきちんと使えないと、むくみの原因にもなります。
横隔膜には『大動脈裂孔』『大静脈裂孔』『食道裂孔』という穴があいていて、とても大きい動静脈が通っているため、横隔膜があまり使われず硬くなっていると、血液が流れにくくなり、むくみの原因になるのです。

たかがむくみ、されどむくみ。
むくみが癖になり身体に水が溜まることが日常になると、身体が冷えて様々な体調不良を呼び起こしてしまいます。

むくみが慢性化する前に、ぜひ、ビファインに相談に来てください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です