毎日元気に走るために……ランナー膝を治そう!

ランナー膝アイコン

せっかくやり出したランニングをランナー膝で断念しないために……

こんにちは!! 梅ヶ丘の木村です!
すっかり寒くなってきましたが、お身体の具合いかがでしょうか?

私は最近寒さに耐えるためにも、「筋力をつけよう!」と、ランニングを始めてみました!
そしたら、膝から股関節にかけて痛みが出てしまい……。

私のように

◉膝の外側が痛い!

◉太ももの外側がガチガチに張っている!または痛みがある!

なんて人はいらっしゃいませんか?
それ、【ランナー膝】かもしれません!

というわけで、今回はランニングする方に多く出る、【ランナー膝】についてお伝えします!

 

ランナー膝とは?

主にランニングなどによる膝周辺のスポーツ障害の総称。
ランニング以外でも、バスケットボール、自転車、トライアスロン、登山、スキーなどのスポーツで発症することがあります。

ランナー膝は膝の曲げ伸ばし運動など、膝関節への過度なストレスで起こります。
ですので、今回私がランナー膝になってしまった理由は『関節を動かすための筋肉の疲労』が原因なのですが、筋肉は使いすぎると固くなってしまい、腸脛靭帯が固くピンと張る事で、骨と擦れあって炎症が起きてしまいまうんですね。

ランナー膝の主な原因

  1. 過度なランニング距離、もしくは時間によるオーバーユース。
  2. O脚などの脚のアライメント(骨格・関節等の配列)異常。
  3. 硬い路面の走行、足に合わないシューズ等の環境要因。
  4. ウォームアップ、クールダウン不足。

このような事が原因と言われていますが、このなかでも我々が改善のお手伝いが出来るのは、2つめの【アライメント異常】へのアプローチ!!

ランナー膝を改善させる方法

ビファインでは脚のアライメントを整えるために、お尻や股関節、大腿部、腸脛靭帯にアプローチして、使い方の間違っている筋肉の緊張を和らげ、正しいフォームで走れるように改善します!

また、おうちでも出来るセルフストレッチをいくつか紹介します!
※右が痛いと仮定してお伝えします※

セルフストレッチ

【ふとももの前側を伸ばす】

ストレッチ1

長座になり、右足を後ろに折り込み、体を後ろへ倒します。
(この時右足は完全に正座の位置ではなく、写真のように少し外側に置いておくと、太ももの外側が特に伸びます)

【ふとももの後側を伸ばす】

ストレッチ2-1

1 長座になり、左足を内側に曲げ4の字をつくります。

ストレッチ2-2

2 そのまま右足に手を添えながら前に体を倒します

【腸脛靭帯を伸ばす】

ストレッチ3

1 右足を左足の後ろへ伸ばします

2 骨盤を右に突き出すようにして伸ばします

【お尻を伸ばす】

ストレッチ4-1

1 長座になり、右足を左膝に組みます

ストレッチ4-2

2 外側から抱え込むようにして、左の膝を身体に引き寄せます

 

このストレッチは、過度なランニングを避けた上で行なうようにしましょう。
もちろん、ランナー膝予防にも効果的です。

ただし、痛みが出る動作は無理にやらないでくださいね!!

家でのストレッチはとても大事です。
合わせてマッサージや、鍼灸にて治療をするとより効果的!

快適にランニングできるよう、私たちにもサポートさせてください!

ランナー膝にならないためには?

こうした治療はもちろん大事なのですが、そもそも痛みを発症させないようにするために、『無理をしすぎない』『自分の足に合った適切なランニングシューズの使用』がなによりも重要。

これから寒さのピークを迎える時期。
身体の故障に気をつけて、快適な運動を行うようにしましょう!!

そして、少しでも不調を感じたら……そのときは、ぜひお気軽にビファインにご相談くださいね!!

 

ランナー膝アイコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です