春に出る不調は「緩み時間」で整えましょう!

春に不調が出やすい理由とは?

春という時期は、不調になりやすいと言われています。

その理由は

○急激な温度・気圧変化
○人間関係の変化(新入社員が入ってくる、昇進、異動など)
○住環境の変化(引越しなど)

そのような変化に、心や体が対応できなくなることにあると言われています。

変化が心にも体にもストレスになってしまい、
身体に悪影響をを及ぼしてしまうのです。

東洋医学における五臓の相剋関係

東洋医学では春は五臓の「肝」がとくに疲れやすい時期と言われてるんです。

その理由は先に挙げたストレス、そのほかにはお酒など!

の気が強くなりすぎると、
相剋関係で「」(西洋でいう「胃腸」)が攻撃されやすくなってしまいます。


脾胃が攻撃されると…

○胃の不快感
○便秘・下痢
○疲れがとれにくい
○食欲がない

などの症状が出てきてしまうのです。

もしかすると思い当たる方がいらっしゃるのではないでしょうか?

まだ症状が出ていなくても油断は禁物!

自分では気づかないうちに「疲れ」を蓄積させ、
体力を消耗させている人は少なくありません。

今は症状が出ていなくても、
蓄積された疲れはのちに「五月病」などの症状として遅れて表面に出てきます。

定期的にケアすることが大切なんです!
現代社会で働く人は、普段からストレス過多で
交感神経を過剰に働かせて過緊張状態になりやすい傾向があります。

副交感神経を優位にさせる緩み時間を設け、きちんと体をいたわりましょう!!

アロマを利用したケアをご紹介します!

通常のケアに、香りによるケアを加えると効果が増大します!

そこでビファインがオススメしたいのが…

【オイル(アロマ)マッサージ+鍼!!!】

オイルマッサージとアロマの香りで副交感神経を整えながら、
鍼治療で身体の疲れをとり春を乗り切りましょう♪

オススメの香りをいくつか紹介します!

ベルガモット

疲れた心身を癒してくれる柑橘系の香りです。

紅茶にも使用されるフレッシュな香りは、
気持ちを明るく前向きにしてくれます!

ローズマリー

スキッとした香りは頭を刺激し、心身共に活気づけてくれる香りです。

そのため、
なんとなく覇気がない
集中できない

なんてときにピッタリ☆

ラベンダー

自律神経系やホルモン系の調整にはラベンダーがおススメ。

体中の環境を維持するためのホルモンや自律神経系はすべて、脳からの命令で働いています。

ラベンダーの香りを嗅ぐことで、これらの調子を整えるだけでなく、免疫力もUPするんです。

ビファイン1の癒し系 柳沢先生オススメの精油

さらに、いつも笑顔の柳沢先生がオススメする精油がこちらです!!

ローズウッド

疲労回復が期待できます。
さらに、体のバリア機能を高めるので、免疫活性作用強壮作用があります!

抗菌抗ウイルス抗真菌作用などにも優れ、呼吸器系・泌尿器系・婦人科系の感染症にもgood!

紹介したアロマはほんの一部です!

その日の体調や状態によって様々な組み合わせがありますので
ぜひ一度、体験してみてください(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です